1. ホーム
  2. TOMクリニック
  3. ≫TOMクリニックで受けられるAGA治療・薄毛治療とは?TOMクリニックの特徴について解説

TOMクリニックで受けられるAGA治療・薄毛治療とは?TOMクリニックの特徴について解説

AGAといわれる男性型脱毛症は男性ホルモンが原因であることが分かり、治療法も確立し、AGA治療の専門医がたくさんあります。AGAは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンというホルモンに変えられ、それが毛母細胞に入りこむことによって毛母細胞の働きを抑えてしまい、毛のサイクルを乱してしまうことが原因です。

髪の毛は生えてから2年から6年の成長期を経て退行期を迎えて抜け落ち毛母細胞はしばらく休止期に入り、また生えてくるというサイクルを繰り返します。そのサイクルが乱されて成長期は半年から1年という短い期間となり十分に成長していない短くて細い毛の状態で早くも退行期を迎えてしまうのです。

5αリダクターゼは前頭部や後頭部に多く存在するのでその部分の毛母細胞がジヒドロテストステロンの影響を受けて成長期が短くなるためその部分全体が薄毛になっていくのです。

このように薄毛になる原因が分かり、AGAの治療法として男性ホルモンの分泌を調節した5αリダクターゼの出現を抑えると同時に毛の成長を促進できるような治療法を進めています。男性ホルモンの分泌を抑えるためにはもともと前立腺の治療に用いていたフィナステリドを成分とする内服薬を用い、毛母細胞に栄養を与えるためには血管を拡張し血流をよくするミノキシジルの外用薬を用いています。その二つの成分は日本皮膚科学会で最も推奨される治療法ですが、それはAGA治療専門の病院でのみ処方してもらうことができます。

さてそんなAGA治療専門の病院の中でTOMクリニックという病院があります。東京の新橋と大阪の梅田にある病院ですが、ミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬を用いるAGA治療のほか、自毛植毛も行っています。患者さんの頭皮の状態や本人の希望を考慮してAGA治療と自毛植毛のどちらかを選択しています。

TOMクリニックの特徴としてAGA治療の場合はミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬を用いるほか細胞成長因子と毛髪に必要な栄養成分を頭皮に直接注入するという治療方法を用いている点と、自毛植毛ではメスを使わずに毛穴ごとくりぬき植毛ロボットを使って植え付けていく「ARTAS植毛」を採用しているという点です。植毛ロボットは「ARTAS」と呼ばれ4つのカメラが1秒に50回撮影し、髪の角度や向き、密度、本数を正確に把握しドナー採取を行う機械です。またメスではなく細いニードルが用いてドナーの毛を採取するために傷痕は1mm以下と小さく痛みを感じることもほとんどありません。このような二つの治療法があり、内服薬などを使う方の治療法なら治療開始から約2か月ほどで発毛を実感でき、自毛植毛なら移植後半年ほどで発毛を実感し10か月後くらいには増毛も実感することができると評判です。

TOMクリニックの気になる治療費用ですが、コースによって違い、オリジナル治療薬が年に12回の処方とノンニードル電気導入が2回施されるコースなら毎月3750円づつ支払い年間では45000円となり、更なる効果が期待できるオリジナル治療薬とを用いる治療のコースでは月々3万円、半年間で18万円の支払いになります。自毛植毛では初診料と血液検査料金が発生するほかの基本料金は不要で、植毛の代金は移植する毛の数によって異なりますが、100万円から200万円くらいです。
実際にTOMクリニックで治療をした方からの口コミとししては、「市販の育毛剤やシャンプーでは効果がなかったけどTOMクリニックの治療で発毛を実感できた」「治療のおかげでヘアスタイルを変えることができた」「子どもに髪を引っ張られても平気になった」などのうれしい声が届いています。
新橋も梅田も10時から20時まで開院していてアクセスもホームページでわかりやすい説明が見られるのでAGAに悩む人は一度無料カウンセリングを受けてみることをおススメします。