1. ホーム
  2. AGA治療費用
  3. ≫AGAの治療費用は医療費控除の対象になり得るのか?

AGAの治療費用は医療費控除の対象になり得るのか?

AGAを改善する方法として効果的なものと言われているのが、医薬品の利用です。

3か月から半年程服用し続けると薄毛が改善される効果が期待でき、その後も続ける事によってより髪の毛に変化が出てくる治療方法となっています。

ただ服用にはある程度の時間が必要で、1錠あたり250円程度で処方してもらう事は出来ますが、長期間の服用になればなる程経済的な負担は大きくなってしまいます。

AGAの治療は審美面を重視した物と言うのが一般的な認識です。その為、残念ながら健康保険が適用される事は無いので、治療費は全額自費となってしまいます。

治療費自体は薬代だけでなく、診察代や処方箋の費用なども入っているので、ある程度まとまったお金が必要になるのです。

人によってはそれが大きな負担となってしまって、治療自体をやめてしまう、中断してしまう、服用する薬の量を自己判断で減らしてしまうという事も珍しくありません。

では、保険適用外の治療の場合、医療費控除を受ける事は出来ないのでしょうか?

医療費控除とは、1年間で10万円以上になった医療費に関して、10万円を超えた分が控除対象となる物になっています。病気や怪我は勿論、妊娠出産、さらにレーシックなどもその対象となる事もあるのですが、AGA治療に関しては実は控除対象とは認められない場合が少なくありません。

その理由としてはそれ以外にもAGAを改善する方法がある事、さらにその治療をしなくても健康に問題が起きてしまうという事は無いと判断されるからです。勿論医療機関での治療と言う事になるので、本来は適用してもらいたいところですが、残念ながら適用外となってしまう事が殆どです。

しかし時には医療費控除の対象となる事があります。それはAGAがその人の精神に何らかの問題を起こしてしまい、どうしても治療をしなければならなかったと判断できる場合です。
この場合は対象となり得ますので、本人の経済的な負担を軽減する事が出来るでしょう。

ちなみに、医薬品に関しては病院での処方だけでなく海外医薬品の個人輸入で入手する方法もあります。しかし、この場合には控除対象と認められない場合も少なくありません。

とはいっても100%認められないという事は分からないので、控除対象となるかどうかという事を知りたい場合は、自分の住んでいる地域の管轄になっている税務署に直接問い合わせをすると良いでしょう。そうすれば対象となるかどうかという事も答えてもらう事が出来るはずです。