1. ホーム
  2. AGA治療薬
  3. ≫ミノキシジルの効果が現れる期間は人それぞれ

ミノキシジルの効果が現れる期間は人それぞれ

ミノキシジルはAGA治療に効果的として、アメリカのFDAや日本の厚生労働省にも認可された成分です。毛母細胞や毛乳頭細胞に作用して、細胞を活性化させることで発毛を促すことができるとされ、高い発毛効果を実感した人が多く、薄毛の治療に役立つとされています。元々は血管拡張作用によって高血圧を治療するために開発された成分で、使用した人の体毛が濃くなったことから転用されています。

血管拡張によって頭皮の血流を増進し、毛根に栄養を送ることから発毛を促していると言われることもありますが、同じく血管拡張を行う降圧剤などでは効果が見られないことから、血管拡張による作用ではないとされています。この成分は開発されてから30年以上もの古い歴史がありますが、いまだにその作用は解明されておらず、副作用によって毛髪が濃くなるので、とりあえず発毛用の治療薬として使ってしまおうというのがミノキシジルの原点となります。

さて、この成分は発毛を促進する作用がありますが、効果が実感できる期間は、人によって違いが大きく、6ヶ月で実感できたという人もいれば、1年経っても毛髪が成長せずに悩むという人もいます。しかし、はっきりしているのは、使用から2~4週間後に異常な抜け毛が起きることで、この期間を初期脱毛と呼び正常なヘアサイクルへと戻っている証拠とされます。

AGAはヘアサイクルが乱れることで、毛髪が成長できず、さらに新たな髪の毛が生えてこないことが原因とされ、ミノキシジルで毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化させることで、発毛が促され、元々あった毛髪を押し出して新たな毛が生まれるようになります。

しかし、その後の成長には個人差があり、1年もしないうちに毛の成長が止まることが多いようです。ミノキシジルを使用した人の多くは中程度、または軽度の改善が見られますが、元の状態まで戻る著名改善まで実感した人は少ないことが分かっています。

発毛は実感できるが満足はしていないという人が多く、その結果から満足できるまでの期間が人によりバラバラになってしまいます。特に頭部の部位によっては発毛に時間がかかることもあり、前頭部の生え際などはDHTの影響が強く効果が薄いと言われているので、ミノキシジルだけでは難しいとされています。

薄毛だからこそ早く毛髪を伸ばしたいと願う人は、DHTの抑制ができるフィナステリドとの併用も考えると良いでしょう。この2つの併用は、薄毛に十分な結果を出すことから多くの人が推奨している方法となっています。