1. ホーム
  2. AGA治療薬
  3. ≫ミノキシジルによる抜け毛治療と副作用の注意

ミノキシジルによる抜け毛治療と副作用の注意

抜け毛や薄毛が起こる男性型脱毛症(AGA)の治療薬として高い効果を持っていると言われているのがミノキシジルです。血管拡張剤として開発された成分ですが、後に発毛効果があることが分かり発毛剤に転用された経緯があります。

抜け毛や薄毛には遺伝や生活習慣など様々な原因があるため、それぞれに適した治療法がありますが、治療薬を使用するのも方法の1つです。中でもミノキシジルは育毛に効果があると認められ、治療薬として処方されている数少ない成分の1つです。

そもそも薄毛や抜け毛は、頭皮環境が悪くなることで、新しい髪の毛が生えてから抜け落ちるまでのヘアサイクルが乱れることで起こります。髪の毛は頭皮にある毛細血管、毛乳頭、毛母細胞の働きを軸にして成長していきます。髪の根元にある毛乳頭が毛母細胞に対し、髪の成長を促進したり止めたりする指示を出しています。髪の成長が促進されると、毛細血管から酵素や栄養素をエネルギーとして毛母細胞が細胞分裂を起こし、それが髪となって伸びていくのです。

しかし頭皮環境が悪くなるとこの栄養がいきわたらなくなり、結果髪がうまく伸びなくなってしまいます。ミノキシジルには血管を拡張する効果があります。この効果によって頭皮の血流がよくなり、健康な髪が育つための栄養素がしっかりと届くようになるのです。

ミノキシジルにはタブレットタイプの内服薬と、頭皮に直接塗布する外用薬の2種類があります。一般的には内服薬の方が効果が高いとされていますが、ミノキシジルも薬である以上、副作用があります。直接毛を増やすのではなく、血管を拡張して発毛を促す薬であるため、この際に副作用が現れることがあります。

血管を拡張すると心臓や血管に負担がかかって血圧が下がるため、低血圧の症状が現れることがあります。また、腕や髭などの部分の毛が必要以上に濃くなる多毛症という症状があられることもあります。また、血管が拡張された結果皮膚の成長が促進され、皮脂の分泌が多くなることがあります。この皮脂の分泌が肌荒れやニキビの悪化という症状を引き起こすこともあります。

また、外用薬として使用した際に最も多い副作用の報告は頭皮のかゆみです。その他に頭皮に湿疹や炎症が起こったと言う報告も確認されています。このような副作用は必ず起こるわけではありませんが、使用する際には起こる可能性があることを理解しておくことが大切です。また、万が一副作用が起こった際は使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。